女性活躍推進行動計画


一宮運輸株式会社 女性活躍推進 行動計画

女性社員の採用者数を増やし、女性が活躍できる雇用環境・社内制度の整備を行う為、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2018年4月1日~2021年3月31日(3年間)

 

2.当社の課題

(1)女性社員の役職従事者が少ない。
(2)定期採用において、男女比率に偏りがある。
(3)男女において、業務経験値に差がある。

 

3.目標

多様な職種・雇用区分における女性採用者・登用者を増員する。
また、積極的なジョブローテーションにより、個々人のスキルを高める。
具体的には、下記のとおりとする。

 

4.取り組み内容と実施時期

取組1:現場リーダー、経営職への積極登用
平成30年4月~
役員・所管長にヒアリングの上、各職場における登用候補者をリストアップ。候補者については、登用に必要な資質を向上させる為のOJT、OFF-JTに取り組む。
【経営職】6名⇒10名 
【リーダー】1名⇒10名

 

取組2:女性従業員比率を25%以上にする
平成30年4月~
キャリア採用ならびに定期採用者数の拡大を図り、現状23.8%の女性従業員比率を25%以上に高める。大学・高校の就職担当者に求人PRを実施し、女性の活躍が見受けられる、国際物流、配車、引越営業、庫内業務スタッフ等のキャリアプランを提示。
【ドライバー】16名⇒30名 
【定期採用女性比率】37%⇒40%以上

 

取組3:若手社員の積極的なジョブローテーションによる育成
平成30年4月~
GS職は入社後3年間ずつ3部門のジョブローテーションにより、業務レパートリーを拡大。地域性を鑑み、部門間ローテーションが難しい地域は部内及び部署間ローテーションにて対応。幅広い知識と人脈を持ち、経験を積む。

 

以上
ページの先頭へ戻る