一宮運輸のかめ 一宮運輸

石黒恭子

女性経営職
東北支店 物流センター酒田
石黒 恭子

どんなお仕事をされていますか?

物流センター酒田では主に産業廃棄物の収集運搬をしております。車輌25台を保有しており、統括として安全管理、運行管理、営業をしています。安全管理で最も大切にしていることは、乗務員との対面点呼に時間をかけ健康状態を確認して出発させる事です。営業では山形県内に限らず秋田、宮城、や東京のお客様のところにも足を運び、直接会ってお話しする機会を大切にしています。

一日の仕事の流れを教えてください。

朝礼終了後、全員で指差呼称をして1日がスタートします。事務所スタッフと業務の打ち合わせ、その後は、運行状況の確認、取引先への訪問やお問い合わせの対応、原価管理、見積作成があり乗務員の帰庫点呼で終わります。

登用前はどのような心境でしたか?

責任者として、上司から言われた「下に降りるハシゴは無い」の言葉を心に刻みました。営業所を見る景色というか、仕事に対する考え方がガラリと変わりました。

登用後、心境にどのような変化がありましたか?

所長として挨拶をする時に想いが溢れて涙声になりました。その時に皆が拍手をしてくれて、仲間と一緒に私が出来る事は一生懸命やろうと思いました。「くじけなくていい、でも、わからない事は勉強しなさい」と社長からお言葉を頂き、一生涯勉強と思い仕事をしています。

ストレス解消法は?

社員とたくさん会話して笑う事を大切にしています。また、おいしいものを食べることで、またがんばろう!という気持ちになります。

休日はどのように過ごしていますか?

たくさん寝ることを心掛け、今年購入した愛車ホンダフィットの洗車やゴルフの練習、ジムで汗を流して体力作りをしています。

今後経営職を目指される女性にアドバイスを

経営職になると責任は重くなりますが、様々な経験を積むことができます。出張や会議への出席、研修会等、社内外問わずたくさんの人と会う機会が増えます。人との出会いを大切に、色々な経験を通して自己成長することを心がけましょう。