愛媛県の不動産情報満載!松山市、新居浜市、四国中央市の賃貸(アパート・マンション・借家)、不動産情報(中古住宅・中古マンション・新築住宅・土地)の事ならお任せください

一宮興産株式会社
第7次中期3ヶ年経営方針(2016年4月/第48期~2019年3月/第50期)


一宮グループ経営基本理念

- Next Is the Best - 一宮グループ
  • 1.活力ある経営
  • 2.清新な経営
  • 3.誠実な経営

スローガン

成 長 戦 略 へ の 転 換 2019

~飛躍 50周年に向けて~


基本方針

 第7次中期経営計画の最終年度は、当社設立50周年の節目の事業年度になります。当社は、不動産事業・保険代理店事業を中心とした事業展開を推進してきましたが、今後は、人口の減少、少子高齢化、都市と地方の格差の拡大が緩やかに進んできます。
 2016年度明けから、原油をはじめとする資源安、米国金利の値上げにより新興国経済は打撃を受けており、又、中国経済の減速もあり、国内株価は大幅下落、日銀のマイナス金利導入と国内経済の今後の見通しも非常に不透明になってきております。一方で異次元の金融緩和の影響は不動産市場に大きく流れており、都市圏を中心にバブルの様相を見せております。特に都市圏と地方圏の二極化が際立っております。
 こうした事業環境の中で、業界では今、一段と有力企業の独占化が進んでおります。同時に淘汰される企業が出てきます。私たちは、今、地域における有力企業の地位を占めなければ生き残ることはできません。
 この為には、事業年度の期間損益は勿論大切ですが、それよりも将来の成長を視野に入れて取り組む経営こそがこの3ヶ年に求められることです。
 第7次中期経営計画では、3年後の当社のあるべき姿を明確に掲げ、来る設立50周年に向けて「成長戦略への転換」を図る企業経営を目指します。

中期ビジョン

私たちは快適な住生活のため
住まいの生活と、関連する事業において
エリアでのリーダーカンパニーを目指します

お客様第一の経営を徹底

  • 1.契約者様満足の徹底
  • 2.管理家主様満足の徹底(高い入居率+α)
  • 3.環境整備の徹底(清掃・清潔・整理・整頓・接客)
  • 4.法令順守の徹底

一宮興産株式会社 第50期経営方針(2018年4月~2019年3月)


一宮グループ統一スローガン

変革 ・ 創造 ・ 躍進

Next Is the Best


第50期スローガン

顧客と「共創」できる企業体質へ


第50期事業年度経営基本方針

 2018年は年初に株価の乱高下がありましたが、日経平均株価は2万円を超え、景気の拡大と金融緩和による低金利が共存する良好な市場環境のなかで、主要企業の3月期決算は軒並み好調の見込です。またこの後、2019年には元号が変わり、2020年には東京五輪が開催されます。それまでは日本経済はおおむね、順調に推移すると予想されます。

 一方、保険及び不動産の事業環境は我々の想像を超えて変化しています。人口は減少し続け、地方の地価も下落し続けています。今後、これが好転する見通しはありません。私たちは更に事業規模を拡大し、業界でのシェアを拡大しないと確実に淘汰されます。

 本年度は「成長戦略への転換」の最終年度として、企業ブランド力を強化します。併せて、Web戦略を強化し、業務のIT化を推し進めます。更に、当社のコア事業の生産性をより一層追求していきます。

 私たちは、全社員が知恵を絞り、あらゆる業務に対し、新しい提案とアイデアを創造します。また、働きやすい職場環境つくりを推進し、お客様と「共創」できる企業体質に変えていきます。