五節句(節供)って?

江戸時代に「重要な年中行事」として「年に5日」の式日(祝日)が制定されたもの。
下表に五節句の内容と日付を掲載しておきます。

名称 日付 何の節句?
人日
(じんじつ)
1月7日 「七草粥」を食べる日、と言えばピンと来るかも。耳慣れない名称ですが、「人日」とはズバリ「人の日」の意味です。古代中国では正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀をそれぞれ占ったと伝えられています(当日の晴雨で吉凶を占ったもの)。この正月7日(人の日)に、邪気を祓って1年の無事を祈るとして「七草の入った粥を食べる」風習があったのだそうです。
別名「七草の節句」、この方が親しみやすい?
上巳
(じょうし)
3月3日 3月の最初の「巳の日」という意味。
「禊ぎをして穢れを祓い、身代りの人形に汚れをうつして河川・海などへ流す」風習などがあり、江戸時代以降「雛祭り」として庶民の間に定着しました。
別名「桃の節句」は有名ですね。
端午
(たんご)
5月5日 こちらも5月最初の「午の日」という意味。
古くは「薬草摘みの日」であり薬草としての菖蒲(しょうぶ)が「尚武」の音に通じるとして、男子の立身出世を願う行事へ転化していったとか。
というワケで別名「菖蒲の節句」。
七夕
(しちせき)
7月7日 「たなばた」です。
有名な「おり姫(織女星)とひこ星(牽牛星)」の伝説は中国から伝えられたもの。日本にも「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説というのがあって、双方が結びついて「七夕」の節句となったそうです。
別名は「笹の節句」。
重陽
(ちょうよう)
9月9日 「九」という数字は、易によれば「陽数の極」にあたり、これが重なる(非常にめでたい)という意味。
中国の風習(この日に菊の花を飾り、邪気を祓って長寿を祈るというもの)が元になっており、宮中では重要な節句として位置付けられているものの、庶民には今ひとつ定着していないようです。
別名「菊の節句」。